昔は田舎の万事屋、今はお洒落なカフェ

Feliciaの写真
ケーキセット

 

Falicia(旧「相模屋」)

千葉県市原市の国道409号線沿いにあるお店です。以前は万事屋(よろずや)「相模屋」として営業しており、店内にある冷蔵ショーケースの片隅で、ヒッソリと手作りケーキの販売のみしていましたが、2016年秋にリニューアルしてお洒落なカフェ「Felicia」に変身しました。

最近はマンパワーにも余力ができた様で、ランチ営業も午前11時から午後5時まで延長して営業するようになったみたいです。

お母さんと娘さんの二人がメインとなって営業しており、ケーキやランチの食材には地元の果物、野菜、牛乳、卵がふんだんに使われており、とても美味しいお料理やスイーツを提供してくれるお店です。

お母さんの方は、朝の8時頃からお店の掃除などをしながら開店準備をしていて、9時には入店させてくれます。房総方面へのツーリングの際には、最初の休憩ポイントとして便利なお店でもあります。

 

外観と店内

Feliciaの写真
概観(1)

お店は国道409号線沿いにあります。青色の壁に白い文字で「Felicia」と書かれてています。駐車場はお店の横に5~6台が駐車可能です。

店内はテーブルが全部で5つあり、4席のテーブルが3つ、2席のテーブルが2つあります。

手作りケーキは、ピース売りは冷蔵ショーケースの中に、ホール売りは冷蔵ケースの中に置かれています。パン類も販売しています。

 

手作りケーキ

Feliciaの写真
ブルーベリーのチーズケーキ

手作りケーキは各種「プリンケーキ」や各種「チーズケーキ」があり、四季に合わせて「季節のケーキ」もあります。

最近は、テラミスや杏仁豆腐なども始めています。どのケーキも素材の味が引き立つ様に甘さを控えていて、普段は甘いものはあまり食べないA爺さんも1ピース200円というお手ごろ価格もあり、いつも必ず2つは食べてしまいます(^^;

 

手作りランチ

Feliciaの写真
アートミックスランチ

ランチメニューも少しづつ種類も増えてきたこともあり、お昼頃になると地元のおじさん達やおばさん達が昼食を食べに来て店内は賑やかになります。お料理は、ライトなものからヘビーなものまで色々と揃っています。

ローストビーフとイタリア風ミートボール「ポルペッティーネ」がお店のお勧めで、全てのお料理には地野菜がタップリと添えられていてボリュームもあってとても美味しいです。

A爺さんは、男性にはパンを一斤の中をくり抜いて牛スジカレーを詰め込んだ食べ応えのある「パンカレーセット」、女性には「ローストビーフと山盛りサラダセット」をお勧めします。

 

 メニュー

Feliciaの写真
ベリー&アップルのチーズケーキ

メニューは、ランチ、ケーキ、飲み物が色々と取り揃っていました。どのランチにもタップリの地野菜サラダ、スープ、飲み物(コーヒー、紅茶、オレンジジュースから選択)が付いています。

 

アクセス

お店の目印としては、店の正面上にある青色の壁に白文字で「Felicia」と書いてあるのと、お店の前に自動売機が3台設置されているところでしょうか。

近隣観光施設には、最近有名になった地質時代区分「チバニアン(地球磁場逆転期)」、高滝湖市原像の国笠森観音などがあります。林道マニアのA爺さんは、「月崎素掘り隧道群」の散策をお勧めします。

 

余談「バス停」

Feliciaの写真
概観(2)

今でもお店の前にあるバス停の名前は、以前の屋号のままで「相模屋前」となっています。

さすがにお店の都合では、バス停の名前までは変更できなかったのでしょうね。以前は赤色の壁に白文字で「Sagamiya」と書いてあったかと思います。

現在でも店内の隅っこには、相模屋時代の商品棚が残っていて、万事屋としての商品も並んでいて販売しています。

 

 

寒い日には「担々麺」

 

具琥の写真
具琥の外観

中華&カフェ「具琥(グコウ)」

A爺さんが良く行く南房総の鴨川市にあるお店です。たまたま峯岡中央林道(1~4号線)を全線走破する林道ツーリングに行った際に、尾根伝いの林道から長狭平野側の主基地区へ下って田んぼの中をオートバイでウロウロしている時に発見しました。

よくもまぁ、こんな田んぼの真ん中にお店を開いたなという場所にある、中華料理とカフェやスイーツを提供する小さなお店です。以前は田んぼの中の一軒家でしたが、最近はお隣にもう一軒お家が建っています。

もともとは横浜市の青葉台で中華レストランを営んでいて、2013年に今の場所に移転してきた様です。ご夫婦と小さな赤ちゃんの三人で頑張っていらっしゃいました。

お店の場所は県道34号線(長狭街道)から主基地区側に向かって、直線距離で約500mぐらい入った田んぼの中にあります。具体的には鴨川市横渚の国道128号線との交差点から、県道34号線(長狭街道)を保田方面に向かって約5.5km、右側にENEOSのスタンド、左側に「古代大賀蓮の里 入口」の看板のある丁字路を左折して、道なりに約1.1km進んだ所にあります。お店の前には駐車スペースが4台分あります。

― 参考情報 ― 具琥のホームぺージ

田んぼを眺めながら

具琥の写真
大山千枚田

鴨川市の長狭平野は温暖であることから、2月までに「田起こし」を終えて、3月には田に水を張り「代かき」をして、その年の気温にもよりますが早い地区では4月始め頃から「田植え」を始める米処です。ここで収穫されるお米(コシヒカリやフサオトメ)は「長狭米」というブランド米で、都内にある江戸前のお寿司さん御用達となっています。また、近隣には急斜面にある棚田で有名な「大山千枚田」、棚田越しに太平洋が眺められる「嶺岡二子棚田」などがあります。

具琥の写真
嶺岡二子棚田

この具琥にはテーブル席と座敷の他にカウンター席があり、カウンター席では食事を摂りながら田んぼを眺められるように横長の窓が設置されています。いつもお一人さまのA爺さんはこの席がお気に入りで、他のお客さんに背を向けて自分たけの世界を楽しんでいます。

このカウンター席の窓からは、田起こしから稲穂が頭を垂れるまでの移り変わり、刈り取りが済んだ荒涼とした田園の風景など、田んぼの様々な景色を眺めることができます。

担々麺

具琥の写真
至福の担々麺

このお店の一押しは「担々麺」です。辛さは「大辛」「中辛」「控えめ」と指定することがき、ただ辛いだけの担々麺ではなく胡麻と焦がしネギの風味が効いた味わい深い濃厚なスープが絶品です。特に冬のツーリングの途中に寄って担々麺を食べると冷えた体も温まり、ツーリングブーツを脱いでお店でゆったりとくつろぐ時間は最高です。

辛いのが苦手の方は、手作りの杏仁豆腐やケーキもあるので食後の口直しができます。おらが丼の食べ歩きに飽きたら一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

お料理

レギュラーメニューは、担々麺、からあげ定食、照り唐丼、まんぷく餃子などですが、その他にも季節に合わせて様々なセットメニューが提供されています。

まだ全てのメニューを食べてはいませんが、いままで食べたお料理はどれもとっても美味しかったです。これからも鴨川に行った際には立ち寄って、色々なお料理を食べてみたいと思っています。

 

 

由比桜えび「海の庭」 ほぼ高速で楽ちんルート 冬でも暖かいツーリング 

どーもm(_ _)m幹事長です。

冬でもバイクに乗る

最近寒いしバイク乗ってないな~、エンジンに火入れてやらなきゃな~足慣らし、暇つぶし、ついでに美味いもの喰いたい、そんなバイカーにオススメです。

楽ちんルート

ルートは、ほぼ高速なのでワインディングはありません、ゆるーっと高速を流します。そんなに混んでない(曜日時間によっては混むことがありますが)ので、結構気持ち良く走れると思います。

道の駅八王子滝山→圏央道あきる野IC→東名高速富士川SAスマートIC→県道396号→ゆい桜えび館 海の庭 149km http://ur0.work/HnNf

道の駅八王子滝山は、トイレもキレイだし高速に乗る前にナビなど最終チェックするのに最適!スタートは寒いけれど、南下していくと気温が上がるのが体感できます。

東名に入り海沿いを走ると、もう暖かくてトイレタイムで立ち寄るPA ・SAでインナーを脱ぎたくなるほどです。

「海の庭」は玄関前にバイクが駐められるので、まさにドアTOドア!

実食

これが食べたくて来るんですよ\(^o^)/ 衣がほぼ無い桜えびのかき揚げが2つ。刺身やサラダ、佃煮も旨い。特筆すべきはこのかき揚げの天つゆ(写ってないけどね 笑)、バカウマなんです。

ここの営業母体が削り節や出汁を作っているんです。食後にお土産を買うならチョット離れた「ゆい桜えび館」へ桜えびの刺身(安心の冷凍)削り節や出汁、桜えびのせんべいなどハズレ無し。「海の庭」「ゆい桜えび館」は下記リンクで確認下さい。

http://www.kakusa.co.jp/sakura/09_sea/index.html

帰りのルート

同じ道を帰っても良いんですが、ルートマップにあった、御殿場から富士五湖道路を抜けるルートで中央道経由で帰るというのもあります。冬はオススメしません。富士山横目に景色は良いのですが、外気温がみるみる下がる (´・ω・`)サムッ

夏は、朝霧高原の「道の駅あさぎり」経由をオススメします。とにかく涼しい!日野で30℃代の時に20℃です。あまりに快適なんで帰りたくなくなります。夏は、ここのソフトクリームをお試しあれ!詳しくは下記リンク参照!

http://www.asagiri-kogen.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

御用達の店「立川笑人(ライアン)」

二輪同好会がよく利用する串焼き屋

二輪同好会のメンバーがよく利用する立川の串焼き屋さんです。家賃が高い駅前周辺には出店できないということで、お店はJR立川駅からちょっと離れているけれど(西側改札口から徒歩約6分)、その分コスパの良い価格設定となっています。店主は明るく元気が取柄の若い中大OBで夜遅くまで毎日頑張っており、そんな店主の性格と前向きな姿に惚れ込んだ中大OBをはじめとするお客さん達が集まるお店です。

立川笑人の写真
立川笑人の看板

このお店で提供している料理に使用する鶏肉は、地元の鶏専門店が厳選した国産ブランド鶏を朝〆したものを仕入れており、そんな拘りの鶏肉を店主が丁寧に焼く串焼きはとても美味しいです。特に鶏レバーは生食できるほどの鮮度がありネギダレで食べるのがお勧めですが、もちろんタレや塩も美味しいです。また鶏卵についても同様に特別に仕入れたものを使用していますので、裏メニューの親子丼は絶品です。

飲み物については、ビール、ウイスキー、カクテル、ワイン、日本酒、焼酎、泡盛、梅酒とオールジャンルが揃ってます。特に「がぶ呑み」シリーズは安くてお得です。

ラ ン チ:11:30~14:30(平日のみ)
ディナー :17:00 ~24:00 (L.O.23:00)
定 休 日:不定休(ほとんど休まない)
住   所:立川市曙町1-12-19
電   話:042-595-8791
参 考 情 報 :食べログ


 

メニュー

●ランチのメニュー

●料理のメニュー

●飲み物のメニュー

お料理の写真

御用達の店「二輪館ACTY」

二輪館ACTY 閉店

2018年2月末で閉店になりました。

色々と融通を利いてもらえるお店だったのでとっても残念です。お世話になりました。

 

― お世話になっているオートバイショップ ―

A爺さんがいつもお世話になっているオートバイショップです。

二輪館ACTYは中央大学生協が直営するオートバイショップで、取り扱うオートバイは国内4メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ)の原付から中型・大型車で、認証工場完備なので車検や修理も対応してくれます。

中央大学関係のお店なので在学生も卒業生も安心してお付き合いのできるオートバイショップです。

しかし最近は、学生などオートバイに乗る若者が減ってしまい、大学が18歳人口が減少して受験生集めに苦しんでいると同様に、オートバイショップも厳しい状況が続いているそうです。

顧客が私みたな老い先短い爺さんばっかりじゃダメだよね(^^;

ACTY がんばれー!!

二輪館ACTYの写真
二輪館ACTY

二輪館ACTYのホームページはこちら